• ホーム
  • 事業案内
  • 製品サービス
  • 企業情報
  • 採用情報
  • お問合せ
  • リンク

射撃監視システムPDS-2000は、射撃時の発射及び着弾による各種振動波を
各センサユニットで検知し、その検出時間差を元にデータ解析装置で発射位置
及び着弾位置を算出するシステムです。
・振動センサ及び音響センサの2つのセンサを使用し、振動波の検知精度を向上。
・当社独自のアルゴリズムにより、不要振動信号の除去及び高精度の位置算出が可能。
・センサユニットの追加及び、オプション品の通信装置を併用することにより広範囲
 及び複雑な及び複雑な地形での運用が可能。
・宿営地周辺の警戒、災害現場における微小振動の探知(二次災害予防)等にも適用可能。

主要構成品外観イメージ
・射撃監視システムPDS-2000は、音響センサと振動センサからなる振動検知センサ、
(PDS-2200)とその振動検知センサが取得したデータを解析して発射位置、着弾位置を算出
 表示するデータ解析装置(PDS-SYS-01)で構成されます。

   
ページ上部に戻る
  配置例
・着弾予想地点の近辺に振動検知センサを3箇所以上設置。
・本システムは振動検知センサとデータ解析配置間にて無線通信を行う為、各装置を
 見通し可能な地点に設置。
<備考>
  振動検知センサの追加及び、オプション品の通信装置を併用することにより広範囲及び
  複雑な地形での運用が可能となります。   
      
 
  着弾位置検出の原理
・着弾時の振動(地面の振動、空気振動)が、着弾地点から各センサ(複数)に伝播する
 時間差を基に、着弾位置を特定する。
 
      
  各センサユニットに到達する振動  
      

    解析処理の波形データ
 ・射撃監視システムPDS-2000は当社独自のアルゴリズムにより風等のノイズから
  発射振動/衝撃波振動/着弾振動等を識別・選択して高精度な位置検出が可能です。  
      
  解析処理のフロー
 
      
ページ上部に戻る

   
 主要諸元

  オプション品
 ・環境もしくは運用に応じて下記のオプション通信機器をシステムに追加することで
  広範囲なエリアで使用することが可能です。
ページ上部に戻る