史書に見る史実の多くは無味乾燥ですが、史跡は正真正銘の歴史の語り部です。 散在する史跡を尋ねるうちに、その地域の歴史を広がりをもって実感できます。
  • ホーム
  • 紀行文
  • キリシタン史跡
  • 太平洋戦争
  • 核物理
  • お問合せ
  • リンク

尾張平野は今から千六百万年ほど前、いまの瀬戸内海のような島が多く、北に浅い海であったと考えられている。
六百年程前になると海が退いて陸地になる。陸地にはおもに花崗岩が露出し、亜熱帯に近い気候で風化して石英粒、長石粒や粘土鉱物となり、これが窪地に堆積して今日の瀬戸市をはじめ隣接する多治見市、土岐市、恵那地方などあちこちに点在する陶土層を造った。

四百~五百万年ほど前になると、中部傾斜運動がはじまる。木曾山地を含む中央アルプスが隆起し、逆に現在の濃尾平野を含む広大な地域が沈降・盆地化し、東海湖と呼ばれる一大淡水湖が出現する。この湖に北東の木曾山地から砂礫を運んだ川を古木曽川と呼び、木曽川よりもっと広く、矢作川や豊川流域をも含んでいた。古木曽川は約三百五十万年もの間、何度も氾濫を繰り返して土砂礫を東海湖に送り込んだ。このとき、湖に堆積した地層を東海層群と呼ぶ。東海湖の広さを堆積した東海層群の地層の分布範囲から推定すると、今の琵琶湖の六倍にあたるという。

二百万年ほど前になると、次第に寒冷な氷河時代に入り、再び中部傾斜運動が始まる。東海湖の盆地の東南部が沈降を開始し、次第に盆地の中心を北西に移動して盆地の北限に達して東海湖は消滅してしまう。湖水域に流れ込んでいた古木曽川はかっての盆地を通り越して、寒冷期のために南方に後退した海域まで流れ、その流路に多量の河床礫が堆積した。これが東部丘陵を覆っている八事層である。続いて南から海は湾入を始めて伊勢湾、三河湾、渥美半島あたりが海域となってきた。この時期は東海湖の西に連なる鈴鹿山脈、養老山地、東に猿投山隗などの三河地方の山地が本格的に隆起し、山脈の形態をとり次第に今日見られるような姿に成長していったと推定される。

続いて知多半島が隆起し、濃尾平野域は傾斜沈降を開始し西に傾いて沈んでいく。この新しい沈降盆地である濃尾平野は、かつての東海湖の西北端に位置する。この傾斜沈降は、養老山地の東縁を画する養老断面の東側の基盤が西側で沈降し、東の猿投山地側で隆起した。この沈降は僅か百万年ほどの間に三百~四百メートルに及んだ。

次に海水位が上昇するに従って低地に海が侵入して、その海底となったところに河川が運び込んだ土砂礫が堆積した。いわゆる三角州性堆積層でこれを熱田層下部と呼ぶ。この時期の海を「熱田の海」(熱田海進)と名付けられ当時の海は、伊勢湾はもちろん濃尾平野の大部分の大垣あたりまで海中に没した。今から約十万年前のことであった。

熱田海進後、海は後退する氷河期と間氷期が交互に繰り返し訪れ、亜間氷期には海が上昇し、海底の熱田層下部の上にさらに木曽川が運び出す土砂が堆積し「熱田層上部」が形成された。その時代は三万五千年ほど前のことで、名古屋市内では層厚六十メートル内外、西方に向かって厚くなり海部郡地域を含む濃尾平野南部では百メートルほど堆積した。熱田層の表面となっている台地を熱田台地と呼び、この上に現在の名古屋市中心街が乗っている。

紀元前三世紀頃に、稲作文化が伝わってきた。不安定な生活を続けてきた人類は、新しい技術を受け入れていった。こうして弥生文化は急速に日本列島を東進し、土地肥沃だったこの尾張地方にも普及していった。

名古屋の街は洪積世台地の上に形成されている。この台地は名古屋台地とよばれ、その東側には丘陵が張り出し、北側・西側・南側には沖積平野や干拓地が広がっている。この名古屋台地は中小河川の開析(かいせき)をうけて、大きく五つの台地に分かれている。

台地の西半分は名古屋城を北端とする那古野(なごの)台地と、熱田神宮を南端とする熱田台地で形成されている。大阪平野で言えば大阪城が北限、住吉大社が南限にあたる上町(うえまち)台地に相当する。

台地の東半分は、北から御器所(ごきそ)台地・瑞穂台地・笠寺台地と連なっている。最南端の笠寺台地上は、そのほとんどが古代の人々の居住域と考えられ、見晴台など遺跡が密集している。台地西部の崖下には海岸線がせまっていた。台地の東には天白川が流れ、その東の鳴海丘陵との間は干潮時には干潟が形成された。鎌倉街道とも呼ばれる古東海道はここを横切っていた。

名古屋台地は象の頭部に似た形をしており、熱田台地は丁度その鼻の部分に相当する。台地の標高は北が高く、市役所のあたりで海抜十五メートル、西南西に向ってさがり、熱田神宮あたりで海抜七メートル余りとなる。この熱田台地は、南北約四キロ、東西約〇・七~一キロの細長い台地であり、ここに熱田神宮や断夫山(だんぷざん)古墳・高蔵貝塚など、多くの史跡や遺跡が残されている。この台地を南北に貫いている伏見通は、台地の背梁部を走っているのである。

名古屋台地と御器所台地の間には幅約一・五キロの地溝状をした精進川の谷があって台地を二分している。この間を、JR中央線(金山、鶴舞、千種、大曽根駅)が通っている。これは旧矢田川の浸食による流路のなごりであって、地盤の隆起によって流路が変わり、矢田川は北を流れる庄内川に吸収されたのである。今日、この地域には旧矢田川の伏流水が地下を流れ、これを汲み上げてビール製造業などが盛んである。

西側の海岸線は、養老山地の麓まで、そして北側は岐阜県垂井町辺りまで入り込んでいたと考えられている。

弘文元年(672)に起こった壬申の乱のとき、大海人皇子一行は大急ぎで吉野宮を発ち、夜を日についで宇陀、隠郡、伊賀郡家(注参照)、積殖(つむえ:伊賀町柘植)、鈴鹿郡家と来て、川曲(鈴鹿市)でしばし休息する。そして、三重郡家(四日市付近)から迹太川(朝明川)に来て、天照大神(のちの伊勢神宮)を遥拝した。桑名郡家(桑名市)まで来て、ほぼ二昼夜の行軍を終えて泊まる。その後、不破郡家(垂井町付近)、野上(関ケ原野上)を経て不破関での決戦に向った。桑名へ到達してからの行軍路は、上述の西側の海岸線を北上したものと思われる。大海人が不破郡家に来ると、尾張国司守の小子部連(ちいさこべむらじ)鉏鉤(さいち)が二万の軍兵を連れて参加した。

各地で行われた戦闘は海人側の勝利となり大友皇子は近江の国で自害し 、およそ一ヶ月にわたった戦乱も終りを告げた。大海人側を勝利に導くのに力のあった鉏鉤は、何故か山に隠れて自殺してしまった。

(注)郡家(ぐんけ):律令制で、郡司が執務する所。「こおりのみやけ」 ・「ぐうけ」ともいう。郡は、国の下に属する行政区画の称。町、村、里、郷などを包括する。

その後の地盤隆起と人工的な干拓等によって 、海岸線は徐々に後退し現在の伊勢湾に縮小して行った。今日では、地下を流れる伏流水を工業用水として大量にくみ上げたため、その地域は逆に地盤が沈下して海抜ゼロメートル地帯が増え 、昭和三十四年の伊勢湾台風で大打撃を受けた。その結果、海岸線を高い防潮堤で囲み、自然とのふれあいを自ら断ち切ってしまった。

写真:大須観音節分会