史書に見る史実の多くは無味乾燥ですが、史跡は正真正銘の歴史の語り部です。 散在する史跡を尋ねるうちに、その地域の歴史を広がりをもって実感できます。
  • ホーム
  • 紀行文
  • キリシタン史跡
  • 太平洋戦争
  • 核物理
  • お問合せ
  • リンク

日本列島への最初の空襲は、昭和十七年四月十八日のドーリットル空襲である。日本の東海上で空母から発進した十六機の中距離爆撃機B25が、超低空で東京上空に飛来し、爆弾・焼夷弾を落として銃撃を加え、大陸方面へ飛び去った。また、川崎、横須賀、名古屋、四日市など各地を攻撃した。名古屋へは午後一時半ごろニ機が姿を見せ、六箇所に爆弾と焼夷弾を落とし、中区の陸軍病院(現在、国立名古屋病院)などが燃えた。

遥か東方海上の哨戒に当たっていた日本海軍の哨戒艇は、敵空母を発見するや直ちに警報を打電した。米軍側はすぐさまそれらを撃沈あるいは破壊し、素早くB-25を日本に向け発進させその日の午後、本土爆撃を敢行した。
一方、警報を受けた日本軍は、もっと日本に接近してから搭載機を発進させるだろうから空襲は翌日になるだろうと考えていた。これがその後の後手々にまわる防空態勢の最初となる。

B-25(Mitchell)は六人乗りの双発レシプロ機で、最高速は毎時四百三十八キロ、航続距離は爆弾三千ポンドを満載して二千百七十キロであった。

空母に航続距離の長い陸上機を搭載する、と言う目的志向で陸海軍の組織の壁を越えた柔軟な発想が、日本本土初爆撃を成功に導いた。本土攻撃後、B25は中国大陸に向ったが一機のみソ連領内に着陸した。その航空機は二度と米国に戻らなかった。
1944年にウラジオストックに不時着した三機のB-29も同じ運命を辿る。ソ連は同機を没収し、一機を保存用、一機を試験飛行用、残る一機を解体した。そして三年後、B-29とそっくりの爆撃機TU4を完成させる。

昭和十九年六月十六日午前零時過ぎ、B-29が始めて我が国上空に現われ、四十七機が北九州八幡・若松を爆撃した。インド・カルカッタから移駐してきた第五十八爆撃団で、発進地は中国の奥地・成都であった。

六月十五日、日本本土空襲のためにより近い航空基地確保を目指す米軍は、日本の委任統治領であるサイパン島に上陸を敢行してきた。四万三千人余の日本軍将兵と二万人余の一般邦人は徹底抗戦で米軍に対峙したが、圧倒的物量を誇る米軍の前に力尽き、サイパン守備の日本軍首脳達は七月七日、相次いで自決した。

サイパンを陥とした米軍は、南隣りのテニアン島、そしてグアム島へと上陸作戦を行い、日本軍の抵抗を退けて日本空襲の航空基地確保に成功して、 
サイパンにはコブラー・イセリー両飛行場
テニアンには北・西両飛行場
グアムには北西・北およびハーマン飛行場
の七基地を建設した。

ルメイ将軍(Curtis Emerson LeMay 1906~90)は生粋の爆撃機乗りで、ヨーロッパ戦線で新しい編隊戦法を開発し、これが後に太平洋戦線でのB29に応用された。1944年7月太平洋戦線に移り、最初は支那・ビルマ・インド戦域でのB-29の活動を指揮した。1945年1月第二十一爆撃機軍団、後に改編された第ニ十航空軍の司令官として日本列島爆撃を指揮した。

大戦が終ると、B-29を操縦して日本からシカゴへノンストップ飛行記録をうち樹てるというドラマテイックな帰還を果たしその後、戦略空軍司令部(SAC)司令官、空軍幕僚長などを歴任した。

三好徹著「興亡と夢五」(集英社文庫、昭和五十七年初出)によると:
信じ難いことだがルメイは戦後、平和に貢献したという理由で、日本政府から勲章を授与された。

彼が貰ったのは勲一等旭日大綬章である。日本は戦勝国の押付けに従わざるを得なかったのだろう。田村秀昭参議院議員(自由党)の話を聞くと、その不合理に改めて怒りを禁じえない:
在日米軍司令官が栄転されるときに、日本国政府は勲一等を授与します。日本の防衛のために貢献しておられることは確かですからこれはこれで結構なことです。しかし、同じように日本の防衛に努力している自衛隊の最高の位である三自衛隊の統幕議長が定年退官後に貰うのは勲二等というのが現実です。
何で自衛隊の最高位が勲二等で、中将である在日米軍司令官が勲一等なのか、おかしいとは思いませんか。(平成15年1月1日「たむら便り」)

B-29爆撃機群五十機がマリアナに移駐してから機数は飛躍的に増え、終戦の八月には一千機近い規模になった。

第ニ十一爆撃軍機団のB-29グループの編成は次の如くであった。
 第五八爆撃団(テニアン:西飛行場)
 第七三爆撃団(サイパン:イセリー飛行場)
 第三一三爆撃団(テニアン:北飛行場)
 第三一四爆撃団(グアム:北飛行場)
 第三一五爆撃団(グアム:北西飛行場)
 第一写真偵察飛行中隊
 第ニ写真偵察飛行中隊

B-29(Superfortress:写真)は当時世界最大の四発爆撃機で、全長三十メートル、全幅四十三メートル、重量六十トン、爆弾搭載量八トン、航続距離五千九百キロ、最高速度毎時五百七十キロであった。サイパン・東京間二千二百五十キロを往復するのに約十五時間を要した。 胴下にレーダーアンテナを搭載し、その最大探知距離は約130キロメートルであった。

昭和二十年三月十七日、硫黄島守備隊が玉砕した。米軍はマリアナ諸島と本土の中間点にあるこの島を、ムスタングP51Dなど護衛戦闘機の基地、およびB-29臨時着陸基地とした。

ルメイが日本列島爆撃にとった戦法は地域爆撃と目標爆撃の二つに分けられる。

地域爆撃とは、彼が英本土を基地としてドイツの主要都市をじゅうたん爆撃した手法の適用である。大編隊で高高度から東西・南北とじゅうたんを織るようにして、焼夷弾を撒き散らして大規模な火災を起させ広い地域を焦土と化してしまうのである。

それまでの指揮官・ハンセル准将が、軍需目標に八千メートル以上の高度から行った爆撃は命中率が良くなかった。目標が雲にさえぎられるために、レーダー照準に頼ることが多かったことと、毎秒八十メートルの風のために爆撃の精度が悪かった。また、高空を飛ぶために燃料消費量が多く、爆弾の搭載量を減らさざるを得なかった。

そこで、ルメイは日本軍には夜間戦闘機が少なく、そして都市には木造家屋が多いことから、夜間に千五百メートル程度の低空で侵入し焼夷弾の雨を降らせることにした。

1945年3月9日三百二十五機のB-29が出撃し、東京市街地を十日午前零時五分から三時まで四千九百~九千二百フイートの高度で焼夷弾攻撃した。火災が起り、これが風にあおられて市街の十六.八平方マイルを焼き尽くし、死者八万三千七百九十三人(即死のみ)負傷者四万九百十八人を数える大被害となった。

以後の大規模な夜間超低空焼夷弾攻撃を上げると次のごとくである。

 三月十二日、名古屋、三百十機
 三月十三日、大坂、二百九十五機
 三月十七日、神戸、三百三十一機
 三月十九日、名古屋、三百十機
名古屋には引き続き、
 五月十四日、五百二十四機
 五月十七日、五百十六機
と大規模攻撃を行った。

米軍側(注1)は、この夜間攻撃でのB-29の喪失は実際上零で、しかもほとんどの飛行機は防御兵器を取り外して代わりに爆弾搭載量を増やすことが出来た、と誇っている。しかし米軍の公式報告は、三月十日の東京空襲の場合、出撃三百二十五機のうち損失十四機としている。一方、帝都防空に当たった高射第一師団(注2)は五十機撃破と報じている。
(注1)USAF Museum
http://www.wpafb.af.mil/museum/history/wwii/cp24.htm
(注2)旧高射第一師団
http://www4.justnet.ne.jp/~tomotomo/1aadhq.htm
目標爆撃とは、軍需工場や軍事基地など比較的狭い地域に重要な施設が集中している場合に用いられ、防御の隙を与えず不意に短時間で攻撃する。爆撃高度は低く、照準した目標に正確に高性能爆弾を投下する。

熱田および豊川爆撃にはこの戦法が用いられ、日本側の対応の遅れも手伝って、まれに見る戦果を挙げさせる結果となった。

戦史叢書「本土防空作戦」(朝雲新聞社:昭和四十三年十月二十日刊)は本土爆撃を記録した唯一の公刊戦史と思われるが、その内容は浅薄で後世の戒めとするに足らない。僅かに第二十一爆撃軍側の資料をもとにした「付記」が具体性を帯びている程度である。察するに戦後二十三年では資料収集が進まず分析・評価にほど遠かったのであろう。その中で、「本土来襲状況並びに邀撃、戦果及び損害一覧表(昭和二十年二月十六日~八月十五日)」と題した表は当時としては相当な労作であったろう。

そこに熱田・豊川空襲の記録を見出したので、抜き出して掲げておく:


六月九日七時四十分~九時
 B-29、八十五機 尼崎、明石焼爆攻撃
 B-29、四十五機 名古屋焼爆攻撃
 P-51、六十機  明野、各務原飛行場攻撃

八月七日九時四十五分
 B-29、七十機  豊川
 P-51、三十機  豊川

 P-51、四十五機 小田原、八王子、平塚
 戦爆、二百三十機 九州地区