史書に見る史実の多くは無味乾燥ですが、史跡は正真正銘の歴史の語り部です。 散在する史跡を尋ねるうちに、その地域の歴史を広がりをもって実感できます。
  • ホーム
  • 紀行文
  • キリシタン史跡
  • 太平洋戦争
  • 核物理
  • お問合せ
  • リンク

愛知空襲を語る会編「紺碧の空が裂けた日」に「あの日、あの時」(206~207ページ)と題して、比較的信頼の置ける資料を用いた報告が寄せられているので、一部を紹介する。写真は右岸下流より見た白鳥橋。

著者は先ず当日の天候に触れている。
当日午前九時の名古屋地方の気象は、梅雨時には珍しく晴れた上天気で、摂氏ニ十・八度、風速北西一・八メートル、気象台の公式記録によれば、この日の最高気温二六度、最低気温一三・六度、平均風速北西五・五メートル、雲量四~六(晴)日照時間一三・二時間となっており、雲量はその月四番目に少なく、日照時間は最高であった。

上述のデータのうち、午前九時の風向風速は北西八・〇メートルが正しい。翌々日の十一日正午ごろから風向は南風に変わり、十八・一ミリの雨が降り、十二日は三十九・四ミリの豪雨となった。以上の気象データは名古屋市千種区の名古屋地方気象台での観測値である。

次に、「米第ニ十航空軍作戦任務報告書」(注参照)の総論部分を日本語訳した資料「1945・6・9空襲に関する米軍作戦任務報告書」(188~205ページ)をもとにして、当時のB-29の行動を次のように分析した:
1945年6月9日(土)午前零時四十五分(以下全部日本時間)テニアン西基地より五八航空団四十六機が離陸を開始、同一時二分三一三航空団一群二十六機、同二群四十四機が一時十三分それぞれテニアン北基地から離陸した。最後の機が離陸を終ったのは一時五十五分だった。
最初本土に到達したのは尼崎市の川西航空機鳴尾工場を目標とする五八航空団で八時十二分四国の室戸岬付近、そして大阪湾を北北東進して八時半過ぎに先頭の機から爆撃を開始した。この時刻に名古屋の愛知航空機熱田工場を目標とする三一三航空団ニ群は、熊野灘から尾鷲付近に接近中であった。
ここで注意しなければならないのは、川西に投弾を開始した五八航空団は先頭機から最後尾機まで長く伸びた形で航行して爆撃を行ったために、全機投弾終了まで三十分以上かかったことである。彼らは爆撃後計画通りに大坂北部をう回し大坂京都間を東進、琵琶湖の南から続々と南下した。一方三一三航空団の方は尾鷲付近から琵琶湖を目指し、北上を続けている。従って退去中の五八航空団と攻撃に向かう三一三航空団の編隊とが琵琶湖の南端付近から尾鷲付近までの間を、互いにすれ違う形で航行したのだった。 当日、この地方の雲量は八~九であったので、目視では行動を確認することが出来ず、聴取にたよる日本軍の各監視哨を完全に幻惑したと思われる。東海軍管区司令部は、関西方面が八時半頃から空襲されていることを知っているから、琵琶湖南方に居る敵機も全部関西へ向かうものと判断し、空襲警報を解除したことによって、あの悲劇を招いたのである。

(注)1945年7月中旬にアメリカ陸軍戦略航空部隊の編成替えにより第二十一爆撃機軍団は第二十航空軍に改編された。従って、この報告書は正しくは「米第二十一爆撃機軍団作戦任務報告書」でなければならない。

この日は「エンパイアA1」と称してそれぞれ異なった地域にある三つの軍事目標を同時に爆撃する作戦を実行した。作戦任務第191号の目標は川西航空機鳴尾工場、第192号は川崎航空機明石工場そして第193号は愛知航空機熱田工場であった。エンパイア作戦はその後も続行される。

引き続き作戦任務報告書に従い、名古屋を目指す三一三爆撃団(以下、航空団を爆撃団:Bomb Wing、と呼ぶ)ニ群の行動を追って行こう。

北上してきた三一三爆撃団のB-29四十一機は、九時〇分琵琶湖南端の瀬田唐橋上空付近で北東に変針する。続いて、九時六分安土町西の湖上空付近で方位九十二度に変針、直進して爆撃態勢に入る。九時十七分から六分間、縦陣に組んだ中隊がそれぞれ先導機に従って次々と愛知航空機熱田工場に投弾した。あとはそのまま直進し、豊田市堤町付近に達したところで南に旋回し、渥美半島の西端付近から海上に離脱して行った。

この飛行ルートは、目標が風下に来るようにし、名古屋の北部と南部に置かれた高射陣地を出来るだけ回避するように計画された。また飛行高度は、爆撃の精度と高射砲火の限界の観点から、一万八千フイート(五千五百メートル)を最底高度とした。

この作戦に使用された主な爆弾は四千ポンド(AN-M58:一・八トン)爆弾で、三一三爆撃団のニ群は、これを全機に搭載した。この爆弾を選んだ理由は、約七十五パーセントという高い装薬率であり、他の種類の爆弾よりも一トン当り少なくとも二十五パーセント以上の爆薬を充填できるからである。

その起爆装置は即時性弾頭起爆装置および非遅滞性弾尾起爆装置が使用された。この爆弾は爆薬量を増すために弾殻を軽くしたので貫徹性がなく、遅滞性起爆装置では爆発しない。

四千ポンド爆弾は投下後、安全装置が解除されてアーミング状態になり、建造物や地面に触れた瞬間に起爆装置が作動して炸裂し、その強烈な衝撃波と高熱とで周辺を広範囲にわたって破壊し、焼き尽くす。

四十一機が愛知時計電機・本社工場と愛知航空機・熱田発動機製作所(現在、熱田機械工業・熱田工場)に、四千ポンド爆弾百二十一発と二千ポンド爆弾二十三発計二百六十五トンの爆弾を投下した。

愛知時計電機の工場敷地は南北に長く、東側を堀川が流れ、西側を電車道(現在の一五四号線)が南南西に一直線に延びていた。工場は道路に沿って白鳥橋から祐誓寺まで、約九百メートルにわたって広がり、道路をはさんで西側に愛知航空機が斧の頭の形をした敷地にあった。

B-29の編隊はこの道路上空を、西から東へほぼ直角に横切った。搭乗員達はあらかじめ偵察機が撮影した航空写真を、様々な角度から研究したであろう。そして、敷地のほぼ中央にあり、識別しやすい研究館(鉄筋地上四階、地下一階)などを爆撃中心点にしたと思われる。

先ず編隊の先導機が目視照準で爆弾を投下し、後続機はそれに倣って投弾した。

高度五千五百メートルを対地速度二百五十ノットで飛行するB-29から投下された爆弾が地上に達するまで約三十五秒を要し、その間B-29は四・四キロ進む。 当時の地上風は、前述のように北西の風で毎秒八メートルであった。高度二万フイートでは、風向二百八十度、風速五十ノットであるから、毎秒約二十五メートルの追風を受けつつ投弾した。

爆弾が、仮に平均風速毎秒十メートルの風の中を地上に到達するまでのドリフト量は、約三百メートルと見積もられるので、B-29の編隊は目標までの水平距離四・七キロ手前で投弾したと推測される。従って、目標地点から投弾時のB-29までの直距離は七・二キロとなる。
熱田空襲経験者の手記に、B-29の弾倉が開いて爆弾が落下するのが見えたとあるが、視程良好とはいえ七キロ先のそれを視認することは困難ではないだろうか。

爆弾を投下する高度が低いほど滞空時間が短く、地上風も弱まるのでドリフト量が大幅に減り命中精度が上がる。だが一方では、地上からの対空砲火による被害を受けやすくなる。報告では爆撃時の高度は編隊により異なるが、一万九千~二万七百フイート(約五千八百~六千三百メートル)で水平飛行中の通常どおりの投弾で、前述の「名古屋大空襲誌」にあるような千五百メートルという低高度ではなかった。

搭乗員が目撃した日本側の要撃戦闘機は三十二機で、戦闘機の護衛なしで来襲したB-29は直接交戦し、撃墜二機・不確実撃墜三機・撃破二機の戦果を挙げた。この空対空戦闘での口径0.5インチ機関銃弾の消費量は、実に一万四千発であった。 投弾1~2分前、各編隊は高射砲火に遭遇した。殆どの砲火は弾幕型で三分ほど続いた。日本側の戦闘機と高射砲も精一杯抗戦したであろうが、B-29が受けた損害は、夫々一機と四機でいずれも軽微であった。

この日の空襲については、米軍でも、最大の爆撃効果をあげた例として、戦後早く爆撃効果調査団が愛知時計電機を訪れ、その跡を調べた。 「愛知時計電機工場への爆弾落下地点図」によると、研究館周辺が着弾中心に見えるもののかなり広く分散し、電車道手前や工場右後方など工場外に落下したものも多数認められる。堀川やその対岸にも数多く着弾している様子が爆撃時に俯瞰撮影した写真に写っているが、それらは図に記入されていない。 爆発したのは一トン爆弾十八発、五百キロ以上の爆弾十三発及び五百キロ程度の爆弾十七発の三種としているが、実際は前述の四千ポンド爆弾がほとんどで、少数の二千ポンド爆弾が含まれていたに過ぎない。

以上、日本側資料には幾つかの誤りが混在していることに注意が必要である。

目標に向け投下された爆弾のうち、二九・五パーセントが爆撃中心点から千フイート以内に命中した。愛知時計電機に全建物の九五・七パーセントを破壊するか損害を与え、隣接する愛知航空機に全建物の五三パーセントに損害を与えた。こうして、視程良好時の昼間目視爆撃の精度が充分高い事が立証された。
工場北端を外れ、たまたま白鳥橋西袂付近に落下した四千ポンド爆弾が、橋下に避難した人など無慮数百人の一般人命を殺傷したのは、誠に痛ましい限りである。
写真:白鳥橋西袂に立つ一般人慰霊地蔵尊

右の写真は、名古屋市街南部を爆撃した際、機上から撮影された。
写真右側の国道一号線は中川運河より東方が煙に包まれている。六月九日の愛知航空機爆撃はこんな有様が現出されたであろう。
この写真は夜間に撮影されたものと思われるので、考えられる爆撃としては三月十九日または五月十六・十七日の名古屋市街夜間低高度爆撃のどちらかである。ところが、三月十九日は伊勢湾から北上する経路をとり一方、五月十六・十七日は六月九日と同じ東向き経路であることから、この写真はこの時撮影されたものと考えられる。  作戦任務報告書は、目的は不明だが別に単独行動をした二機のB-29がおり、一機は浜松市にレーダーで六トンの爆弾を、もう一機は臨機目標の(紀伊)勝浦に七トンの爆弾を投下した。
この時、愛知航空機の名に隠れているが、南の住友金属名古屋工場も通算四度目の爆撃を受け敷地の北部に損害を受けた。
三一三爆撃団の編成次のとおり。どの爆撃隊がこの作戦に参加したかは不明。

  第六爆撃群
  第九爆撃群
  第五〇四爆撃群
  第五〇五爆撃群
  第五〇九混成群

昭和二十年七月二十六日、テニアン島に二個の原爆が陸揚げされた。この実験モデルの原爆が、上記の五〇九混成隊のEnola GayおよびBockscarに搭載され、八月六日広島に、九日長崎にそれぞれ投下した。それまでの非人道的な都市爆撃の上に、原爆投下という人類史上未曾有の大惨禍を重ねたのである。