史書に見る史実の多くは無味乾燥ですが、史跡は正真正銘の歴史の語り部です。 散在する史跡を尋ねるうちに、その地域の歴史を広がりをもって実感できます。
  • ホーム
  • 紀行文
  • キリシタン史跡
  • 太平洋戦争
  • 核物理
  • お問合せ
  • リンク
淀川の水

日本列島の南に伊豆・小笠原海溝が真直ぐ伸び、その先にマリアナ海溝が弓なりに連なっている。この海溝に東から押し寄せて来た太平洋プレートがもぐり込んで海溝の西側、即ちフイリッピン海プレート側に沿って七島・硫黄島海嶺が盛り上がり、その上に北マリアナ諸島等の火山島が連なっている。プレートにかかる圧力で生じた割れ目から火山岩が噴火してこれらの島々が生まれた。

前にも述べたように、地球の温度が上がると両極の氷が溶け、海面が上昇すると幾つかの島は波に浸食されて海面下に没して海山になり、その表面は厚いサンゴに覆われる。再び、地球の温度が下がると海面が下がり、死滅したサンゴの石灰石の嶺を持った島々が姿をあらわす。この時再び噴火すると、古い島の石灰石を突き破って、堅い溶岩の新しい嶺を持った島に変身する。

九州からは南西諸島が、フイリッピン海プレートが沈み込むユーラシアプレートの縁に沿って連なっている。その先端の八重山群島(地図参照)で見ると、サンゴ石灰岩が卓越した波照間、黒島、竹富、鳩間、新城等の諸島は極めて平坦で、水はけがよく稲作に適さない一方、火山岩が卓越している石垣島、西表島、小浜島、与那国島は山が多く変化に富み、保水力に優れているので稲作が可能である。前者は再噴火の機会に恵まれず石灰岩に覆われたままとなり、後者は再噴火して噴出した火山岩が島を再構築したのである。

同じ火山島でも、伊豆大島の三原山のような比較的新しい火山は水はけがよい。

中村一明著「火山の話」(岩波新書35)によれば、次のごとくである:
新しい火山体の大島には透水層ばかりで、長時間にわたって多量の水を支えるような不透水層は、ほとんどないということである。そしてその度合は、粗い堆積物が多いほど、つまり火口に近いほど大きいということになる。こういうわけで、大部分の雨水はそのまま地下にもぐってしまう。 ガサガサの大島の下には、海の水も内陸に向かって高さを減じながら山体下に入りこんでいる。 ところで、一年に三千ミリ、島全体とすれば二億トン以上の雨水は地下にしみこんで、この「地下の海面」の上にいったん薄く層状にたまるもののようである。これは、雨水の方が多量の塩分を溶かしている海水よりも軽いためである。多少海水と混じることはあっても両者の分離はかなりよい。大島の、特に元町など西部では、水道水としてこのような地下水が大規模な井戸で汲み上げられ使われている。「地下の海面」上に浮いているこの種の地下水は、汲みすぎると当然海水が混じってなんとなく塩っぽくなってくる。脱塩のための設備が出来る前には、観光客の多い夏の季節に時々そういうことが起こった。

島の周りのサンゴ礁や円形に連なった環礁はどのような過程で形成されるのだろうか。竹富島の珊瑚博物館に次の解説があったので、紹介する。

裾礁(きょしょう):島の周りに最初に作られるサンゴ礁が陸地から山の裾野のように海中に直接つながっているタイプのもの。沖縄のサンゴ礁は、石西礁湖付近を除き、ほとんどがこのタイプに入る。人が住む島の中で日本最南端とされる波照間島の南海岸に連なる雄大なサンゴ礁(写真)はその代表例であろう。

堡礁(ほしょう):裾礁が遠浅の沖へむかってひろがっていき、陸地との間に礁湖(ラグーン)とよばれる静かな海面ができたもの。武富島をふくむ石西礁湖はこのタイプに近い性質を持つ。

環礁(かんしょう):堡礁の状態で真中の島が沈んでしまい、ちょうどネックレスのように、サンゴ礁だけが礁湖をとりまく形で残ったもの。南太平洋のマーシャル諸島にはエニウェトック島やビキニ島など、このタイプの島がたくさんあるが、日本にはない。

以上の三形態を、島が徐々に沈降して行く過程で説明したのが、ダーウインの沈降説(1842年刊「サンゴ礁の構造と分布」)である。

それ以外に、
デイリーの氷河制約説
ホフマイスター・ラッドの先行台地説
パーデイのカルスト溶食説
があり、一つの説で、世界中のサンゴ礁のでき方を全部満足できるように説明することは、なかなか難しい、とされている。

サンゴは口と胃腔があるだけのきわめて単純な体とかたい骨格をもった海の動物で、その代表格は六放サンゴ(イシサンゴ)である。

日本の浜辺の砂は河川から流出した土砂が大半だが、南方の島々では死んだサンゴの骨格が細かい粒になって打上げられる。その中でも、「星の砂」と呼ばれる五つの角(つの)を持った1ミリ程度の大きさで白色の砂粒は、単細胞の生物で、炭酸カルシウムでできた殻をもつ有孔虫の一種である。八重山列島では竹富島、北マリアナ諸島ではテニアン島の夫々北西海岸に「星の砂」が多く見られ、土産物として売られている。