史書に見る史実の多くは無味乾燥ですが、史跡は正真正銘の歴史の語り部です。 散在する史跡を尋ねるうちに、その地域の歴史を広がりをもって実感できます。
  • ホーム
  • 紀行文
  • キリシタン史跡
  • 太平洋戦争
  • 核物理
  • お問合せ
  • リンク

経 緯
文久3年(1863)5月10日、幕府が朝廷に攘夷を決行しますと奉答したその日、田野浦沖にアメリカ船ペンブローク号(200トン)が停泊していた。この船は、神奈川奉行浅野伊賀守から長崎奉行宛の手紙を携行していた。
11日、長州軍艦(庚申、発亥)が突如ペンブロークに発砲し、これに驚いたペンブロークは周防灘方面に逃げ出した。
23日、フランス軍艦キャンシャン号が長崎に行くため、関門海峡入口長府沖に停泊し、西に向け海峡へ侵入したところ、庚申、発亥が追撃したがこれを振り切った。ところが、海岸沿いの長府砲台、前田砲台、壇ノ浦砲台、杉谷砲台から次々と砲撃を受け、巌流島南から彦島沖を通って響灘方面へ逃れた。
26日、オランダ軍艦メデューサ号が長崎から横浜に向かう途中、この海峡を通過した。これを、専念寺、亀山、永福寺、細江砲台が砲撃し、庚申、発亥も戦闘に参加した。更に、壇ノ浦、前田砲台も加わり、メデューサ号は田野浦から周防灘に逃れた。
6月1日、アメリカ軍艦ワイオミング号が下関を襲撃し、壬戌丸沈没、庚申撃破、発亥再起不能の損傷を与えて東に引き返した。
6月5日、フランス東洋艦隊タンクレード号、セミラミス号が来襲して田野浦沖に停泊した。前田、壇ノ浦砲台が応戦したが、砲火を浴びて沈黙した。フランス兵は前田東海岸へ敵前上陸し、前田砲台を占領、使用不能にする。タンクレードも船腹に穴をあけられ、マストが傷つき、二日間かけ修理し横浜に戻った。
元冶元年(1864)8月4日、四国連合艦隊17隻は国東半島の姫島沖に集結し、行動を開始した。対する長州藩は、前田砲台に80、24及び18ポンド青銅砲、壇ノ浦砲台に30ポンド青銅砲などを置き奇兵隊士が応戦した。
5日、バーシュース号から20名が前田砲台近くの海岸に上陸し、大砲を使用不能にした。
6日、前田に上陸し、8日午前まで占領。
8日、四国連合艦隊の旗艦・英国海軍ユーリアラス号に長州藩から高杉晋作が偽名で乗り込み、連合国側のキューパー提督と講和会議を始める。連合国側の通訳はアーネスト・サトウ。長州側はキューパー提督の要求をただ聞くだけであった。
その後の折衝で合意された講和内容は次の五点:
1.外国船の海峡通過は懇切に。
2.石炭、食物、水など入用な品は売る。
3.港に避難したとき、下関に上陸を許す。
4.新規に砲台を築かない。古い砲台も修理したり、大砲を置いたりしない。
5.賠償金300万ドル。
ただし、賠償金は攘夷の命令を下した幕府に請求することで合意した。

この事件を契機に、北前船貿易で巨利を得てきた長州が薩摩藩と手を結び下関を通じて英国との密貿易を始め、軍事力を増強する手がかりになった。下関海戦の前年の文久3年(1863)7月薩英戦争の結果、薩摩藩が英国と和睦したように、薩摩・長州共に自分の信ずる道を進んだがため損害も大きかったが、その先に新しい展望を開いたという点で、教訓的な出来事であった。

戦闘に参加したのは藩兵150人、奇兵隊・膺懲隊など民兵が500人であった。長州側戦死者18人、負傷29人。戦死者が最も多かったのは連合軍の陸戦隊を迎え撃った8月6日であった。死傷者47人のうち、21人が奇兵隊士、18人が庸懲隊士で全体の八割を占め、民兵の奮闘が目覚しかったことを物語っている。
連合国側の死傷者は62人で、人的な被害は長州軍を上回っている。うち戦死者12人、負傷者50人。

前田台場跡

前田台場跡を訪れようと、唐戸からバスに乗り国道9号線を防府方面に向う。壇ノ浦を過ぎ前田バス停で下車したが台場跡を示す標識が見当たらず、国道に面し三叉路脇の理髪店に立ち寄って店主に道案内を請うた。更に長府方面のほうと聞き歩いていくと、左手にコンクリートでかさ上げして造成された土地に掲示板が立てかけてあるのを見付け、階段を数段上がってその前に立つと次のように記してあった:
前田台場跡
前田台場(砲台)は、長州藩が口火を切った馬関攘夷戦の重要な拠点であっただけに、
文久3年(1883)6月5日
元治元年(1884)8月5、6日
二度の外艦攻撃を受け占領、破壊された。
馬関攘夷戦の烽火とともに長州藩が倒幕への苦難の道を辿ったことを思うと前田砲台は明治維新発祥の記念すべき史跡であるが、その陰には、台場とともに焼き払われた前田村民家二十三戸の痛ましい犠牲があった。
郷土文化を守る会
「維新史」第四巻に元冶元年(1884)8月6日、英軍陸戦隊等の上陸の模様を次のように記している:
アレキサンダー部隊は直ちに前田村砲台の東側の断崖をよじ登り、同地の三砲台を占拠し、更に部隊を二分し、一部を門石陣営に通ずる道の両側に出し、以って長州勢の逆襲に備え、他の一部を以って角石陣営の在った奇兵・膺懲の二隊を攻撃し、互いに勝敗があった。午後三時砲台の破壊が終わったので、アレキサンダー大佐は諸隊を集めて短艇に移乗しようとしたが、長州藩兵の急迫を恐れ、先ず一支隊を門石右方の森林中に派遣し、その妨害を防がしめ、更に自ら兵を率いて低地の道路を前進して角石陣営に進出した。この時、壇ノ浦の守兵は之を迎撃し、一支隊は前田に通ずる途上に出て、その主力は塁に拠りて防戦に努めた。隊長山県小輔は機を見て突撃し、肉弾戦を決行しようとし、槍隊を促して敵中に乱入せしめた。隊長林半七は既に重創を被り、爾余の槍兵も亦負傷して用いる能わず、遂に総督赤禰武人は命じて火を陣営に放たしめ、戦いの未だ酣なる時、清水越に退いた。

国道を隔てた海岸側を含めてここに砲台があったという痕跡は全くない。ただ、「前田御茶屋台場址」と記された碑(写真)と「行啓記念碑」が往時を物語っている。車がひっきりなしに往来し、その喧騒の中で居たたまれない思いがしてもとのバス停に戻り、長府方面へ移動した。
(注)
山県小輔(有朋):松下村塾生。奇兵隊軍監。元治元年四国連合艦隊と交戦し負傷。後の初代陸軍卿。
林半七:槍の半七。奇兵隊参謀。壇ノ浦門石陣で四国連合艦隊と交戦し負傷。後に枢密顧問官。
赤禰武人:四国連合艦隊と奇兵隊を率いて奮戦。長州藩より幕府内応反逆罪で斬首された。

下関海戦の講和

アーネスト・サトウ(Sir Ernest Mason Satow)著「一外交官の見た明治維新」(岩波文庫)に記された下関海戦の講和の実態は以下の如くであった。

長州藩から和議の使節として選ばれたのは脱藩の罪を許されたばかりの高杉晋作であった。この会談は元冶元年(1864)8月8日、宍戸備前(高杉晋作)に通訳の井上馨と伊藤博文が英国旗艦ユリアラス号に乗り込みキューパー提督以下を相手に行われた。満25歳になろうとする晋作にとって荷の重い使命であり、老練な英国側の要求を全面的に呑まざるを得なかったのは止むを得ないことであっただろう。

家老は、黄色の地に大きな淡青色の紋章(桐の葉と花)のついた大紋と称する礼服をきて、絹の帽子をかぶっていたが、中部甲板を通るときそれを脱いだ。すると、チョン髷が房のように頭の後方へゆるくたれているのが見えた。白絹の下着は、目がさめるように純白だった。家老より一階級下の身分の二名の同伴者も同様に結髪していたが、袍衣は着ていなかった。 彼らは、船室へ案内された。ジラール師とラウダーと私が通訳することになって、提督の面前へ出た。彼らはまず、敗北を認めて、友好関係を築くために講和を望んでいると言った。そこで提督は、信任状を見せてくれと言ったが、何も持ってきてはいないので、藩主の書状を持ってくるまで四十八時間の猶予を与えることにしようと告げた。そして、その書状には、藩主は外国船に発砲した重大な非行を認めて和睦を申し込むという、家老が今申し述べたような内容のことを書いて、藩主自ら署名捺印し、その文書のあて名は四か国の各海軍長官にしなければならぬと言い添えた。
先方に課した条件は、第一、わが方は大砲の撤去と砲台の破壊を続行する。第二、先方で敵対行為を中止すれば、わが方もこれを中止するが、もし一発でも発砲すれば、長州領内を手の届く限りことごとく焼き払う。第三、六日に長州人の手に落ちたオランダの水兵とボートを、無事に引渡すこと。第四、村民に鶏と新鮮な野菜を売りに来させるよう取り計らうこと、などであった。なお、わが方の態度が平和的である証拠として、回答の猶予期間が満了するまで、艦の主檣に白旗を掲げることにした。 彼ら三名は、その姓名を、長門の家老宍戸備前の養子宍戸刑馬(訳注:実は高杉晋作)、参政の杉徳輔、渡辺内蔵太と名のった。やがて、連合艦隊の各司令官にあてた書状を置いて陸へ帰って行ったが、それは、砲撃の始まらぬうちに姫島で渡すように、託されてきたものだった。彼らは、提督の希望により渡しはするが、その内容を見ればもはや無用のものであることがわかるだろうと言った。
日本の使者の態度に次第に現れてきた変化を観察すると、なかなかおもしろい。使者は、艦上に足を踏み入れた時には悪魔のように傲然としていたのだが、だんだん態度がやわらぎ、すべての提案を何の反対もなく承認してしまった。

この会談のあと晋作以下三名は講和を不服とする長州藩士による暗殺の動きが現れたのを警戒して一時身を隠し、10日の二回目の会談には毛利出雲以下7名が出席した。

14日、三回目には晋作以下8名が出席し、最後に賠償金の問題が論議された:
第三、下関の町はわが方の船に対して発砲したのだから、当然破壊してもかまわなかったのだ。しかるに町をそこなわずに残したのだから、その代償金を支払うべきである。さらに、藩主は、今回の遠征の費用を支弁しなければならない。その金額は江戸にある諸外国の代表たちによって決定されるであろう。
この条項には、日本側の使者は頑強に反対した。長、防二州は二つとも至って狭小な国なので米の収入はようやく36万石に過ぎない。そのうち20万石は家臣の扶養に使われ、その残りは砲台、大砲、その他あらゆる種類の武備に当てられている。要求額が当方の財源以上のものなら、それに対する支払能力はないのだ。この領内には、主君への忠義のために身命を捨てるのを何とも思わぬ者が大勢いる。講和を望んでいるのは藩主自身であり、藩主は家臣たちの熱狂を抑えるのに多大の困難を感じているのだと。 提督はこれに対し、諸君はあらかじめ代償額を計算に入れた上で、事を構えるべきであったと答えた。そして、諸君が自ら好んで戦争を仕掛けたのだから、出された勘定書きは支払わねばならないと言った。日本側は、結局これにも同意したのであるが、驚いたことには、彼らの唯一の目的は長州人の士気が未だ沮喪し切っていない事を私たちに知らせるにあったのだ。そしてわが方の要求があまりに過大である場合には、屈服するよりは、むしろ戦うことを望んでいたのである。
晋作は多額の賠償金が長州藩に降りかかってくるのを恐れて、上述のように英国側を威嚇するのが最大限の抵抗であっただろう。その一方、自分の考えを堂々と述べる彼の態度に提督以下が第一回会談の時から好感を抱いたようだ。

三好徹「高杉晋作」(学研文庫)によれば、この会談で賠償金三百万ドルの要求と、その代替として英国側が持ち出した彦島租借案の双方を晋作がつっぱねたとあるが、サトウはそれに何も触れていない。賠償額は連合艦隊が横浜に帰港したあと決定され折衝の末、攘夷を指示した幕府が渋々肩代わりすることになるのが史実だから、少なくとも話があとさきになっている。三好氏が何を根拠に晋作の手柄話にしたのか、理解に苦しむところである。

また三好氏によれば、晋作は元冶元年(1864)3月の孝明帝加茂行幸のあと何を思ったかまげを切って僧形になったと言う。ところが翌年8月、サトウは晋作のチョン髷が房のように頭の後方へゆるくたれているのが見えたと記録している。僅か一年五ヶ月の間にチョン髷を結えるほど髪が生え揃うものだろうか。この疑問に芳岡堂太「高杉晋作・男の値打ち」(三笠書房)は次のように推定している:
チョン髷が後ろに垂れていたというのはどういうことだろう。東行と名乗って以来、晋作は髪を異人風に分けていたのではなかったか。サトウの記憶違いとも思えないから、おそらく日本風を誇示するために鬘でもかぶってチョン髷を結っていたのだろう。

浦上四番崩れ
慶応三年(1867)六月、長崎浦上村民の大部分が切支丹信者だった事が発覚し、時の長崎奉行はこれを捕えて獄に投じた。明治以降も、同宗徒に対する政府の態度は江戸時代と些かも変わらなかった。参謀井上聞多を始めとし、在崎官吏及び神官僧侶達は彼等を改宗させようとして勧説大に力めて転宗を強いたが、彼等は一部少数の者以外、頑として応じなかった。翌年、遂に全村民を捕え名古屋以西中国、九州諸藩に移し改宗を強いた。この騒動を「浦上四番崩れ」と呼び、苦難に耐えた村人の生き様がカトリック浦上教会編「旅の話」(2005年3月刊)に綴られている。(写真:桜満開の長崎・浦上天主堂)

当時、長崎に勤務していたアーネスト サトウ(新教徒:当時24歳)はこれを次のように見ていた:
長崎に滞在中、この里に程近い浦上の村で日本人のローマンカソリック教徒が発見され、逮捕されたという話をいろいろと耳にした。10月12日に私を訪ねてきた薩摩の新納刑部は、浦上の住民のほかに、すぐ近くの大村領内の村でも若干の住民がキリスト教徒であったために目下長崎の牢獄につながれていると語った。教徒は日本の法律によれば死罪に値した。大村の役人は、従来犯罪人の処刑については長崎奉行所の慣例に従っていたので、今度もそれに従って行うつもりでいた。ところが奉行は、罪人の数があまりに多いため、すすんで廃教を誓うものはみな釈放する腹であった。これを知ると、大村の役人は憤慨した。彼らは、キリスト教の信奉をはなはだしい大罪と考えていたので、大勢なるがゆえに処刑できないという口実をもって罪人どもを釈放するのは、善政をくつがえして、政治を破壊するものだと考えたのである。彼らは、九州のすべての大名を説いて、共同で江戸の政府にこの趣旨の上申書を提出させようと躍起になった。そしてもちろん、この上申書をもって将軍政府反対の一般的な宣伝に代えるつもりであった。私は新納にこう答えた。国民がキリスト教を信仰したため迫害されたという国はないし、またイギリスのような新教の国でさえも、ローマンカソリック教徒がその信仰のゆえに迫害されたとは聞いては決して快く思うまいということを、十分に心得てもらいたい。しかし、その抗議が単に将軍政府を責めることを目的とするのであれば、その限りにおいては、われわれも不賛成を唱えるつもりはないと。ところで、新納は、日本の内政上の一般的な問題によって戦乱が発生するとは考えていないと言った。いや、彼は同時に少なくともその可能性を認めていながらも、認めていないふりをしたのである。その日私は平山に別れを告げたが、平山は私に、浦上のキリスト教徒は「二度と致しません」と誓った上で、ことごとく赦免されるだろう、そしてもちろん、信仰を公然と表明しないという条件で、自分の好む宗教を信ずることが許されるであろうと語った。平山はまた、大村藩の役人もまた領内のキリスト教徒を赦免するだろうと考えていたが、こうした平山の意見は、私が新納から聞いたものとはまさに正反対であったのだ。(アーネスト・サトウ著「一外交官の見た明治維新」(岩波書店)より)

この記述を見る限りサトウのキリシタンに対する同情心は薄く四年後、岩倉具視等が欧米視察の際、日本国内のカソリック教徒虐待の非難を浴びることを予測だにしていない。これが新教徒の旧教徒(ローマンカソリック)に対する一般的な姿勢だろうか。あるいはサトウが若年だった故か。

明治六年(1873)2月キリスト教禁止の高札が撤廃されるに至る。イギリス公使ハリー・バークスは高札撤廃に向けて外交的努力を惜しまなかったが、以下の文を見ればサトウはその部下として積極的に行動したとは思えない:
伊達を相手に、最近発布された耶蘇教禁令について議論した。それは往時の禁制を復活させたものだが、禁制条項は以前より緩やかになっていた。伊達はその用語に難点のあることを認め、大阪や兵庫の制札にはそれを出さぬようにすると言った。伊達は字句(翻訳すれば「イーブル」[邪悪な]あるいは「パーニシャス」[有害な]宗派)(訳注邪宗門)の修正に努力してきたのだが、しかし耶蘇教の禁制事項を全然除くということは不可能だろうと言った。ハリー卿は、信仰の自由は文明の証拠であると反駁し、私たちの方を向いて声をひそめ、わが女王陛下の書簡奉呈こそ、われわれの利用すべき好機会であると言った。
この後で、私は中井と長い間この問題について話し、法令では特にキリスト教と名ざさずに、単に、一般的に「有害な宗派」の禁制、となすべきであると提言した。日本政府がこの禁令を全的に撤廃する意思のないことは明瞭だった。なぜなら、これを撤廃すれば、布教態度があまりに積極的なために嫌われ者になっていた長崎のローマン・カソリック宣教師に対して、行動の自由を認めることになるからである。
けれども、ハリー卿は何とかこの問題を解決しようと思い、その翌日、三条、伊達、後藤、木戸などと会見することになったのであるが、中井は私に向かって、これは政府の首脳者(総裁)でもはっきり約束できない、彼らには独裁権がないのだからといって、注意してくれた。かくて、19日にわれわれは西本願寺(訳注東本願寺)で交渉を行った。この交渉には、上記の人々と、その他の者数名以外に、外国事務局督山階宮も出席された。キリスト教に対する敵意が今なお激しく、一般にこれを魔法か妖術の類と思っているという理由で、日本側は禁制を擁護した。これが事実であることは、私も知っていた。かって私は、ある日本人から「キリシタン」の教義を聞かせてくれるよう頼まれたが、この男はキリシタンに帰依すれば自分の留守中に女房がなにをしているか分かるようになるものと信じていたのだ。しかし日本側も、キリスト教を邪宗門と書いたことは間違っていたといって、この字句を改めることを申し出た。しかし、何一つ発表しないということは、信仰の自由を認めること、すなわち日本語の表現をもってすれば「黙許」したも同様なので、日本側としてはあえてなし得ないところであった。
24日に、ハリー卿は前回の閣員を相手にこの問題を再び論議したが、こんどは岩倉もこれに加わった。初めて顔を見知った大隈八太郎(訳注 参与兼外国事務局判事大隈八太郎=重信)という肥前の若侍が、自分は聖書や「草原本」(訳注:祈祷本を誤って発音したのをひにくったもの)を読んでいるから、この問題は十分心得ている、とわれわれの前で大見得を切ったのは、多分このときだったと思う。大隈は長崎のアメリカ人宣教師ヴァーベック(訳注:フルベッキ)博士の弟子らしかった。ハリー卿は、スタンレー候からこの件で受取った公信書の写しと、その日本語訳を彼らに渡した。他の諸外国の外交官も同様な方法を取ったが、こうした共同抗議もあまり効果はなかった。主として長崎近傍浦上村から老若男女四千人の日本人を他の地方へ追放するという処分が、断固として行われたのである。(アーネスト・サトウ著「一外交官の見た明治維新」(岩波書店)より)